So-net無料ブログ作成
検索選択

『スティーブ・ジョブズ』 [movie]

intro_img01.jpg
原題:Steve Jobs
監督:ダニー・ボイル
出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ
製作年: 2015年
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
上映時間:122分

ファーストデーということで行ってまいりましたTOHOシネマズ新宿。歌舞伎町は相変わらず剣呑な雰囲気で緊張感が強いられる。通りにたたずんでいる男一人を見るとヤ○の売人のように思えてしまう。まあ偏見だけどさ。
解説
1984年のMacintosh、88年のNeXT Cube、98年のiMacというジョブズの人生の中で最も波乱に満ちていた時期に行なわれた3つの新作発表会にスポットを当て、人々を魅了した伝説のプレゼンテーションの舞台裏を通し、信念を貫き通そうとする姿や、卓越したビジネスセンスを浮かび上がらせていく。さらに娘リサとの確執と和解といったエピソードも盛り込み、ジョブズの素顔を浮き彫りにする。
単にファーストデーだからということで無理やり観に行った感がある本作だが、意外や愉しめたのだった。120分をダレることなく会話劇だけでまとめた手腕はなかなかのものと思う。

84年、88年、そして97年のiMacの発表会など、それぞれのプレゼンテーションの開演前40分に焦点をあて、関係者や娘との相克を描く、といった体。舞台は、文字通りその会場の舞台裏となっている。それにしても登場人物たちがよくしゃべること(笑) セリフ暗記の大変さが偲ばれる。

主演のマイケル・ファスベンダーはこれが初見と思ったら、以前危険なメソッド』で観ていたようである。あまり記憶にないが。ジョアンナ・ホフマンを演ずるケイト・ウィンスレットも迫力の熱演。セス・ローゲンノ化けっぷりもさすがである。ダニー・ボイル監督作品って観たことあるかな、と過去のエントリを探ったら『スラムドッグ$ミリオネア』で監督だったのね。

当方はジョブズ氏の生涯をそれなりに知っているのでその全体像の一部として愉しんだのだが、そういった知識がまったくない人が観たらどう思うのか訊いてみたい。そんなことを思わせる作品。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。