So-net無料ブログ作成
検索選択

井上夢人:『あわせ鏡に飛び込んで 』(講談社) [book]

あわせ鏡に飛び込んで (講談社文庫)

あわせ鏡に飛び込んで (講談社文庫)

先日エントリした『 ダブル・プロット 』の著者である岡嶋二人のコンビ解散後の一人である井上夢人の作品集。『ダブル~」を読み終わった後に積ん読本の山を見るとなぜか買ってあった本書が目に入ったので手に取る。

ここ数週間、お昼休みなどのコマギレ時間では短編集、就寝前の一時間程度で長編を読むというサイクルだったのだが、本書はその愉しさゆえに就寝前にも読み進めたのだった。


内容(「BOOKデータベースより)
幻の名作「あわせ鏡に飛び込んで」をはじめ、瞬間接着剤で男をつなぎとめようとする女が出てくる「あなたをはなさない」、全篇、悩み相談の手紙だけで構成されたクライムミステリー「書かれなかった手紙」など、選りすぐりの10篇を収録。精緻に仕掛けられた“おとしあな”の恐怖と快感。

読了しての感想を申し上げると、巧い、としか言いようがない。間違いなくお奨めできる。なんだろうね、この巧さは。『ダブル・プロット』では、誠に僭越ながら「先が読めてしまう」とエントリしたのだが、本書の各短篇は短篇ながら先を読ませないおもしろさがある。

岡嶋二人時代の経緯を記した『 おかしな二人 』によれば、執筆は井上氏が主であったと記憶している(うろ覚えだが)。小説の巧さということでは、『ダブルプロット』所載の1980年代に書かれた短篇と十年後に書かれた本書のそれを比べると、あきらかに向上していることに驚く。

そういう意味では、『ダブル・プロット』所載の「ダブルプロット」(表題作ね)における著者と思しき人物の独白は示唆的だ。


世の中には、書きながら小説を作っていく人と、話のすべての骨組みが出来上がってから原稿用紙に向かう人がいるらしいが、ぼくらの場合は後者である。

『ダブル・プロット』(438ページ)

また、本書の巻末の大沢在昌との対談では下記のように発言している。


(前略)プロット派というのかな。構図とか構造のほうから入っていって、次にキャラクターを考えるというつくり方。

本書(395ページ)

とのことで、換言すれば、当方の理解では同じ作家でも「憑依型」と「技術型」の二種類があるということ。本書の著者はまちがいなく「技術型」であり、その技術が年々向上していったのだろうなあ、と思ったのでありました。

それにしてもね、同じ巻末対談にもあるように、本書所載の作品のような「奇妙な味」の短篇を書く人が少なくなったという印象がある。 二昔前ならSF作家がその役を担っていたのだろうが、それも市場の縮小を反映しているということなのか。寂しいかぎりだ。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

SONY:電子書籍リーダー"Reader"(PRS-350)のファームウェアをアップデートした [gadget]

R0013771.jpg

※はじめに、本文を読まれる前にぜひ下記の二点をご留意していただきたい。

  1. 今回のアップデートは.bookフォーマットに対応したことが目玉だが、従来からの電子書籍書店(ビットウェイやパブリなど)で販売されている.bookフォーマットには対応していなさそうなこと。
  2. SONYのReader Storeで販売が開始されたコミックは、PRS-350の5型ディスプレイでは文字が小さすぎて読みにくいこと。

いよいよ、電子書籍端末"Reader"のアップデート告知がキター!

さて、詳細については当方がクダクダと述べるよりも下記を参照していただこう。

◆【PC Watch】 ソニー、電子書籍端末「Reader」をバージョンアップで.book対応化 〜講談社のコミック約5,700冊と書籍約300冊が購入可能に
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110622_454866.html

アップデートの方法についても、当然のことながら下記を参照いただくとして、Windows XP SP3以降がインストールされたPCが必要になってくる。

◆電子書籍リーダーReader™「PRS-350」本体ソフトウェア アップデートプログラム提供のご案内
http://www.sony.jp/reader/update/20110622_2.html

今回のアップデートの目玉は、SONYのReader Storeにて「Reader向け「配信コンテンツ(.mnh)」のドットブック(.book)フォーマットに対応」したことだろう。そして講談社のコミックが読めるようになるじゃありませんか。最近、気になっていた『 進撃の巨人 』もリリース予定に入っており、期待感が高まる。

そんなわけで、上記のSONYのサイトで言われたとおりにアップデートする。特に問題なく終了。実は作業は22日の夜に完了しており、それでは早速、とばかりに既存の電子書籍ストアで.book形式の書籍を購入。

結論を申し述べると、アップデートした"Reader"では読めなかった……orz おそらく、Reader Storeで購入したフォーマットの.book形式じゃなきゃダメだってことだ。

いわゆる.book形式のファイルの拡張子が.bookであるのに対し、Reader Storeで購入したデータのそれは.mbbsというもの。よくはわからないが、このファイル自体は書籍(コミック)のデータではなく、ダウンロードを開始させる呼び水のような仕組みになっているようだ(わかりにくい表現ですまん)。

さて、本日になって下記のコミックを購入。これまで当方がコミックをあまり読んでこなかったのは、置き場所の問題だったので、データで購入できるようになったことはまさに福音だ。


で、読み始めると、冒頭に申し上げたようにPRS-350の画面ではいささか狭く、絵も文字も読みにくいというのが正直なところ。うーむ、これはPRS-650を買えということなんだろうか。でも、5インチと6インチでそんなに変わるかどうか微妙だなあ。どうすっかなあ。


タグ:PRS-350
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

岡嶋二人:『ダブル・プロット』(講談社) [book]

ダブル・プロット (講談社文庫)

ダブル・プロット (講談社文庫)

著者(たち)の小説は初期のころから読んでいて、なにしろ『 焦茶色のパステル 』は乱歩賞受賞時にハードカヴァーで購入していたりする。1982年の受賞だから30年前で、当方は中学生だったんだな。まったくイヤなガキだ。で、実は『焦茶色の~』は読んでもそれほど感心しなかったのを覚えている。さすがに中学生にはわからなかったのかね。

著者の真価が発揮された作品と当方が感じるのは『 そして扉が閉ざされた 』、『 眠れぬ夜の殺人 』、そして『 クラインの壷 』というオーソドックスなチョイス。そして、いつのまにか、講談社文庫が全タイトルを発刊している。編集者をはじめとする玄人衆に愛される作家なんだろう。いずれは全冊読破することにしたい。


内容(「BOOKデータベースより)
若い母親が死んだ真相と赤子の行方、フィルムに記録されていた驚くべき殺人手口、遅れて配達された年賀状に隠された犯罪…日本ミステリー界の至宝・幻の名コンビ岡嶋二人による傑作短編集。既刊の『記録された殺人』に、表題作を含めた3編の未収録作品を加え、再編成した文庫オリジナル

梗概にもあるように、既刊の『記録された殺人』に未収録作品をプラスした再刊作品集。オリジナル版の刊行自体はコンビ期間の比較的後期のものだが、個々の短篇の多くの発表年次は乱歩賞受賞後から数年だから、内容的には初期作品集と言っていいだろう。

だからかもしれないのだが、ミステリとしては熟れていない、というか稚拙と感じられる部分はある。伏線の提出の仕方があからさま過ぎるし、それゆえに先が読めてしまう作品が多かった。そのあたりは短篇という形式上しょうがないのかもしれないが。

素晴らしいのは、そんな先が読めるような内容であっても、構成や会話の運びの巧さでスルスルと読めてしまうこと。このあたりは後期の魔術的なストーリーテリングの萌芽が見られる。当方は「送れてきた年賀状」、「迷い道」の二篇が好みかな。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

D・M・ディヴァイン:『五番目のコード』(東京創元社) [book]

五番目のコード (創元推理文庫)

五番目のコード (創元推理文庫)


内容(「BOOKデータベースより)
スコットランドの地方都市で、帰宅途中の女性教師が何者かに襲われ、殺されかけた。この件を発端に、街では連続して殺人が起こる。現場に残された棺のカードの意味とは? 新聞記者ビールドは、警察から事件への関与を疑われながらも犯人を追う。街を震撼させる謎の絞殺魔の正体と恐るべき真意とは―読者を驚きの真相へと導く、英国本格の巧者ディヴァインの屈指の傑作が甦る。

いつものことながら、なぜ本書を手に取ったかはよく覚えていない。山になっている積読本の中から引っこ抜き、寝る前の一時間程度の読書の共としたのだった。英国(スコットランドだけど)の小説は一気読みではなくのんびりと読むのにあっていると思う。

なんの予備知識もなく読み始めたものだから、主人公がタイプライターを叩いているシーンに「ずいぶんと古いデバイスを使っているものだな」と思い確認すると、なんと原著は1967年の出版。当方の生まれる一年前じゃないかと驚く。

ところがね、読み進めると、時代性に起因する古めかしさがまったく感じられなかったのが好もしいところ。当方が古めかしくなりつつあることを割り引いてもそんなことを思わせなかったのは、端正な翻訳が理由の一つ。

そして主たる要因は、登場人物たちが時代を越えて共感できる普遍性を以て描かれていることだ。本書末尾の解説にもあるように、「ネオ・ハードボイルド」のような主人公の描かれ方であるとか、最近の海外テレビドラマと共通する雰囲気であるとか、そのあたりのおもしろさは充分に感じられた。

一方で、ミステリとしてのおもしろさだが、どうだろう。ミステリにケレン味を求める当方としては少しもの足りなかったとは言っておきたい。とはいえ、いわゆるシリアルキラーものがこの当時に書かれていたことの凄みはある。それが帯の惹句に書かれている「英国本格」とはリンクするかは疑問だが。

褒めているのか貶しているのかよくわからない文章になってしまったが、少なくともあと数冊は著者の作品を読んでみようと思わせる愉しみは感じられる一冊。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『スカイライン-征服-』 [movie]

skyline1920x1080_1.jpg

監督: コリン・ストラウス、グレッグ・ストラウス
キャスト: エリック・バルフォー、スコッティ・トンプソン、ブリタニー・ダニエル、デビッド・ザヤス、ドナルド・フェイソン
原題: Skyline
製作国: 2010年アメリカ映画
配給: 松竹
上映時間: 94分

■■■
前回エントリしたダイナミックフィギュア』でもそうだったのだが、異星生命体の侵略をテーマとするSFにも諸問題がある。まず、そもそも異星生命体が存在したとして、わざわざ地球くんだりまで侵略しにくるのかということ。そのあたりは下記のコピペがとてもわかりやすい。

◆宇宙人と戦争になることってあるかな? : 2chコピペ保存道場
 http://2chcopipe.com/archives/51720574.html

百歩譲って、数千光年の航行をしてまで人類を侵略するとしよう。数千光年の恒星間航行ができる異星人が、人類のテクノロジに戦略・戦術的に負けるはずがない。星を航ってきた種族が人類に仕掛けるのは殲滅戦でしかありえないはずだ。なのにね、ここ数十年のSF小説や映画では、必ず人類が勝利してきている。これってありえるのだろうか?


あらすじ
ロサンゼルスに住む親友の元を訪ねていたジャロッドとエレインは、早朝、最上階の部屋のブラインドから差しこむ青白い光と不気味な音で目を覚ました。そして、その光を見に来た友人のひとりが光の中に姿を消してしまう。さらに窓の外ではたくさんの巨大な飛行物体が空を埋め尽くし、人間たちを次々と掬いあげていた。そんな信じられない光景を目の当たりにして、彼らは唖然と立ち尽くすしかなかった…。

と、本作以降も『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』や『世界侵略:ロサンゼルス決戦』やらの侵略モノが控えている。いずれも、異星生命体による地球侵略の持つ意味が、いかに説明されているかが注目のしどころ。

まあ、本作に関して言えばそんな興味は端から期待もせず、そもそもネット上での評判はあまり芳しくないので、まったく期待せずに鑑賞に赴く。が、驚いたことに当方好みのB級作品に仕上がっていたじゃありませんか。

『スターウォーズ:エピソード1』や『マトリックス・レヴォリューション』あたりから、SF映画における過剰なCG使用による視野狭窄とバッファ・オーヴァ・フローに悩まされ続けていた。本作のいいところは、登場人物を一般人とすることによって、そんな視野狭窄を鑑賞者に無理強いさせないというところか。単に予算が少なかったからじゃ…ゲフンゲフン。

内容としては、新しいところはまったくないと断言しよう。本作でパクら…ゲホゲホ、リスペクトされている映画は、当方が気付いただけで『 宇宙戦争 』、『 マトリックス三部作 』、『 インデペンデンス・デイ』があったりする。細かく言えば「エイリアン四部作」や一連のゾンビモノの影響もありそうで、オリジナルな部分は感じられない。

それでもね、それらの要素を欲ばらずに94分間に凝縮させた手際はよかったように思う。無駄に語ることをせず、展開のスピード勝負。映画には、見世物としての装置という役割を担っている部分があるのだから、本作はその意味では及第点であるように思えた。まあ、真面目に観に行くとスカされちゃうと思いますが。

ちなみに、敵方の戦闘兵器(陸戦生物?)の一つにアッガイに似たものがあったが、あれも日本のアニメーションに対するリスペクトだったんだろーか?


タグ:【洋画】SF
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

三島浩司:『ダイナミックフィギュア〈上・下〉』(早川書房) [book]

ダイナミックフィギュア〈下〉 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)

ダイナミックフィギュア〈下〉 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)

  • 作者: 三島 浩司
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/02/25
  • メディア: 単行本

本書の奥付を見ると発行日は今年の2月25日。著者は二週間後には天を仰いだにちがいない。主たる舞台となる場所は異なれど、シチュエーションのいくつかが妙に被ってしまったのは、やはり本書にとっては不幸だったといわざるをえないだろう。


内容(「BOOK」データベースより)
太陽系外からやってきた謎の渡来体が地球上空に建設した軌道リング・STPFは、地球の生物に“究極的忌避感”と呼ばれる肉体的・精神的苦痛を与える作用があった。リングの一部は四国の剣山に落下し、一帯は壊滅する。そこから発生した謎の生物・キッカイは特殊な遺伝メカニズムにより急速に進化し、駆逐は困難を極めていた。日本政府はキッカイ殲滅のため、圧倒的な力を持つ二足歩行型特別攻撃機・ダイナミックフィギュアを開発、栂遊星は未成年ながら従系オペレーターとして訓練を続けていた。しかし、巨大すぎるその力の使用には世界各国との不断の政治的駆け引きが必要とされ、遊星の人生もまた大国のパワーバランスや思想の対立に翻弄されていく―。日本SF新人賞作家が満を持して放つ、リアル・ロボットSFの極北。

それにしても、読み終えるまでにえらく時間がかかってしまった。いや、ほんとに途中でやめちゃおうと思ったぐらいだ。ストーリーテリングってなに? というくらいゆったりした展開。そして、群像劇ゆえに登場人物たちの多視点で物語が語られる手法はスピード感に欠ける面があった。あと、非常に生硬な文章がとっつきにくかったと言っておこう。

物語が本格的に駆動し始めるのが上巻の終盤からという印象で、下巻に読み始めてからは一気に読み切れたのは自分でも意外。生硬な文体も、当方にとっては高村薫のそれの味わいと重なったことは幸運といえる。登場人物の一人である蜂須賀あたりのキャラクタは高村作品から出張してきたのかと思ったほどだ。

いろいろ文句が多いが、とにもかくにも読み進められたのは「人間型ロボット兵器が登場する必然性」がどのように処理されているかが興味深かったから。結論としては、その必然性は納得できるものだった。というか、その必然性を語った初めての作品(小説・映像問わず)ではないか。それだけでも、エポックメイキングな作品だし、当方にとっては読了する価値があったわけだ。

ロボットの戦闘シーンなど、「汎用人方決戦兵器」の登場するアニメーションを彷彿とさせる部分があり、それは本書の非ではなく、いかにあの作品が強大な影響力をもっているのかがわかる。そのあたりも含めて、声高に他人に奨めるつもりはない作品だとは言える。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

盛岡市に来ている [travel]

110611_1321~01.jpg
じゃじゃ麺なう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。