So-net無料ブログ作成
検索選択

和泉宏隆:『Forever Purple』(バウンディ) [music]

Forever Purple

Forever Purple

またもや、しばらくエントリをサボってしまった。先週末に帰京したのがその主な要因。いまさらながら今期の健康診断を受診したのだ。結果は、むろんしばらくしてから出るのだが、おどろいたのはいまだに裸眼で1.5をキープしていること。これだけ毎日、本を読んだり液晶画面と睨めっこしているというのに。

あと、おどろいたのはお茶の水のカフェ・ベローチェで食後のコーヒーを飲んでいたら、当方とまったく同じ色と装備のSONYのReader"PRS-350" を読んでいる人に出くわしたこと。意外と出回っているのかもしれない。


内容紹介
4作のトリオアルバムの後、和泉がソロピアノに回帰する時が来た。和泉が少年期に愛した"紫"の世界が1台のピアノで具象化される。シンプルが故に心に深く残る旋律の宝庫。

帰京時の新幹線車内でも聴いていた本作は和泉氏ひさびさのソロピアノ・アルバムだ。エントリしなかったが、当地で11月に開催されたライヴに行ったとき、「現在、自宅でレコーディング中」なんて仰っていたっけ。

収録曲をを列挙しておくと、

1. Von fremden Landern und Menschen 2. The Water Is Wide 3. Blowing In The Wind 4. Giving Receiving 5. Hearts 6. Gorgeous 7. Hilda 8. Oyome Ni Oide 9. Danny Boy 10. Earth Song 11. Ue Wo Muite Arukou 12. Forgotten Saga 13. Ouvertura 14. Terra di Verde

というもの。当方のお気に入りは、ライヴでも演奏されたアイルランド民謡がもととなっている#2、The SQUARE時代の『 脚線美の誘惑 』に収録されている#5、代表作のひとつでもあり名作バラードの#12、そしてなんともいえないもの悲しさを醸し出す#14だ。とにかく、聴いていて疲れない、ゆったりとした曲調のバラード集。本作も買って良かった一枚だ。


タグ:和泉宏隆
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。