So-net無料ブログ作成
検索選択

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』 [dvd]

wall0_1024.jpg

原題: The Hangover
監督: トッド・フィリップス
キャスト: ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス、ヘザー・グラハム、ジャスティン・バーサ、ジェフリー・タンバー
製作国: 2009年アメリカ映画
配給: ワーナー・ブラザース映画
上映時間: 100分

◆◆◆
もちろん、酔って記憶をなくすことはある。幸いにして酒乱ではないようで、普段より少し陽気でおしゃべりになるくらいだから害のない酔っぱらいだ。それでもね、ハッと気づくと布団のなかで目を覚ますという驚きはできるだけしたくないとは思っている。何をしていたかわからない、という不安は非常にイヤな種類のものだからだ。


内容(「キネマ旬報社」データベースより)
本年度ゴールデングローブ賞作品賞を受賞したコメディ。結婚式を控えたダグは、悪友3人とラスベガスの高級ホテルでバカ騒ぎする。しかし翌朝目覚めると、部屋は滅茶苦茶な上にダグの姿はなく…

さて、本作は数日後に結婚式を控えた青年のために友人たちが企画したバチェラーパーティーで引き起こされる大騒動を描いたコメディ。と、思って観賞していた当方は、かなり手堅くまとまったサスペンスミステリ映画という感想を持つに至った。

バカ騒ぎの翌朝にラスベガスのホテルのスイートルームで目覚めた男たちは、メチャクチャになった内装・歩き回るニワトリ・バスルームのトラ・抜かれた前歯、そして赤ん坊を発見する。そして、当の結婚式直前の青年が見あたらなくなっているのだ。

まあね、誰だって二日酔い(ハングオーバー)の朝にそんな状況に陥ったりしたらには驚くというものだ。そして、手がかりを探しにそこまで乗ってきたクルマをホテルに頼むと…

そう、本作で当方がおもしろみを感じたのはコメディ部分ではなく、これらの謎がどのようなかたちで収斂していくのか、というミステリ部分だった。でもね、実のところは最終的に明かされる真相自体の驚きは少ないのだ。

それでも、当方が本作を手堅くまとまった佳作と感じたのは、登場人物たちの活き活きとしたところ。特に歯科医の一連のエピソードについては、なんだか妙にジーンとくるものがある。そして、最初はなんだか胡散臭い雰囲気があった3人の友人たちが、終盤に至ってかっこよく思えるようになるのだ。そんな不思議な映画としてお奨めできると思う。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。