So-net無料ブログ作成

『デューン/砂の惑星』 [bd]


デューン/砂の惑星 日本公開30周年記念特別版 Blu-ray BOX

デューン/砂の惑星 日本公開30周年記念特別版 Blu-ray BOX

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray

原題: Dune
監督: デビット・リンチ
出演: カイル・マクラクラン、ショーン・ヤング、マックス・フォン・シドー、スティング
製作年: 1984年
製作国: アメリカ
上映時間: 137分

にわかに「デューン/砂の惑星」のマイブームである。以前から観ようとは思っていたのだが、なんとなくレンタルでも観る機会がなく30年が過ぎてしまった。今回はリマスターかつBru-rayということで思い切って購入。Amazonでお昼に頼んだら夕方には届くという。Amazonプライムおそるべし。
解説
映像化不可能といわれたフランク・ハーバートの大長編SF小説を、前作「エレファント・マン」で成功をおさめた鬼才デビッド・リンチ監督・脚本により映画化。“デューン”と呼ばれる砂の惑星アラキスを舞台に繰り広げられる勢力争いを壮大なスケールで描く。後にテレビ放映用にナレーションと未公開シーンを加えた長尺版も製作されており、日本では「デューン/スーパープレミアム[砂の惑星・特別篇]」というタイトルで紹介されている。
観て驚いたのが、全編ほぼ原作に忠実なところ。いや、冒頭に航宙ギルドの飛行士が登場したりとか微妙に異なる部分はあるんだけれど。それでも、上巻までのストーリーはそのままトレースされている。

当然のことながらSFX技術をはじめとして古さは否めない。あれだけのヴォリュームのある原作を137分にまとめようとして駆け足になってしまっている部分もあり、全体的にダイジェスト版みたいになっていることもある。戦闘シーンの演出なんて、なんだこれと笑ってしまうようなありさまだ。

でも不思議に137分を集中して観ることができた。うまく言えないけれど、原作者のフランク・ハーバートと監督のデビット・リンチの方向性がかなりの割合で一致しているのではないか。例えば、ということであればそのグロテスク志向だとか。

当時は25歳くらいだったはずのカイル・マクラクランの美青年っぷりといったらすごい。『ブレードランナー』以外で初めてショーン・ヤングを映画で観たのだが、やっぱりすごい美人だったんですね。スティングはかっこいいのに、あまり見どころがないのが残念なところ。

砂虫の造形が後世に大きな影響を残すなど、不思議なエポックメイキングになっている作品だけに観ておいて損はないと思う。興味がある程度の方はレンタルで(リマスター版でぜひ)。お好きな方は購入してもいいかも。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。