So-net無料ブログ作成

MUIX:カナル型イヤホンIX1000-BKがやってきた [gadget]

IMG_20160128_203922.jpg


ネット界隈で評判になっているのを聞きつけ、そう高価なものでもないのでAmazonに衝動注文してしまった。まだ半日程度しか使用していないので、ファーストインプレッションということで。

【質感】
やっぱり価格相応なもの。もちろん、この価格帯で高級感を求めてはいけないだろう。

【使い勝手】
・ケーブルが「きし麺」タイプなので絡まりにくい印象がある。長さは、当方としてはちょうどいい感じ。従来から使用しているSHUREのSE215は、ケーブルは太くて長くて絡まりやすく閉口していたから。
・リケーブルできないので断線したらお釈迦です。個体別の運の要素が多いだろうけれど、無理に引っ張ったりとかしないで注意すればいいのだと思う。
・イヤピースはデフォルトのもので当方にはぴったりだった。圧迫感もない。これは個人の耳の穴の大きさによると思いますが。

【音質】
ここが一番重要なんだろうけれど、こればっかりは個々人の好みによるものだと思う。だから、個人的な印象程度しか記述できません。あと、オーオタでもないので語彙は貧困です。
・聴こえる質量は、本機の方がSE215より優れていると感じる。特に低音域のウッドベースはSE215ではまったく聴こえなかったものが、くっきり聴こえるところがいい。
・ただし、くっきり聴こえるだけに長時間聴いたときに聴き疲れするんじゃないか、という危惧はある。

総じてコストパフォーマンスに優れた製品だと思う。僕の知人にイヤホンをすぐなくす人がいるのだけれど、そういう人にも向いているのでは。カラーもバリエーションがあるし。予備のイヤホンとしてお薦め。



MUIX デュアルサウンド カナル型イヤホン IX1000 ブラック IX1000-BK

MUIX デュアルサウンド カナル型イヤホン IX1000 ブラック IX1000-BK

  • 出版社/メーカー: MUIX
  • メディア: エレクトロニクス

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。