So-net無料ブログ作成
検索選択

『ミケランジェロの暗号』 [movie]

原題: Mein bester Feind
製作国: 2010年オーストリア映画
配給: クロックワークス
上映時間: 106分
キャスト: モーリッツ・ブライブトロイ、ゲオルク・フリードリヒ、ウルズラ・シュトラウス、マルト・ケラー、ウド・ザメル、ウーベ・ボーム、メラーブ・ニニッゼ、ライナー・ボック、カール・フィッシャー、クリストフ・ルーザー、セルゲ・ファルク
監督: ウォルフガング・ムルンバーガー

■■■

あらすじを読むと、ナチス占領下でのユダヤ人迫害がテーマの作品のようであり、それはそれでまちがいないのだけれど、じつはそんな枠組みを越えた魅力を持つ作品である。

で、困ったことにそのプロットを詳述すると、愉しさの何割かは減少してしまう類の映画でもある。したがって、まだお近くの劇場で公開しているようだったらだまされたと思って鑑賞してほしい。以上。


ストーリー(あらすじ)
第2次大戦下のオーストリア。ユダヤ人の画商一族カウフマン家は、所有していたミケランジェロの絵をナチスに奪われ、収容所に送られてしまう。ナチスは奪った絵をイタリアとの交渉材料にしようとするが、贋作であることが判明。本物を隠した一家の父はすでに収容所で死亡していた…。

とはいえ、少しくらいは所感を申し述べておかねばならないか。本作はナチス占領下のオーストリアが中心となる舞台や時代背景を描きながらなお、洒落たプロットと語り口を持っていることがユニークなところ。昨日鑑賞した『ミッション:インポッシブル~』と比べても、そのエンタテインメント性はよっぽど格上くぁwせdrftgyふじこlp

絶望的な状況下に追い込まれながら、主人公は持ち前の機転と度胸で困難を切り抜けていく。ゲーム理論の教科書になりそうな交渉のスタンスも見事。しかも、そこには変な力みはなく、あくまで洒脱なのだ。

墺映画なので、主人公を演じるモーリッツ・ブライブトロイは初見、と思っていたら『 ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア 』に出演していた! キアヌ・リーブスをさらに濃くしたような風貌は印象的。そして、先般のエントリでも紹介したマルト・ケラーが出演。還暦を越え容貌は『ブラックサンデー』の頃の比べるべくもないが、その存在感はさすが。

いや、ほんとに鑑賞した人とネタバレ談義したいくらい、鮮やかな切り口のデキのいい映画。この手のテーマや時代背景が苦手な人にもオススメできます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。