So-net無料ブログ作成
検索選択

松崎有理:『あがり』(東京創元社) [book]

あがり (創元日本SF叢書)

あがり (創元日本SF叢書)


内容(「BOOKデータベースより)
女子学生アトリと同じ生命科学研究所にかよう、おさななじみの男子学生イカルが、夏のある日、一心不乱に奇妙な実験をはじめた。彼は、亡くなった心の師を追悼する実験だ、というのだが…。夏休みの閑散とした研究室で、人知れず行われた秘密の実験と、予想だにしなかったその顛末とは。第一回創元SF短編賞受賞の表題作をはじめ、少しだけ浮世離れした、しかしあくまでも日常的な空間―研究室を舞台に起こるSF事件、全五編。理系女子の著者ならではの奇想SF連作集。

東京創元社のSF短編賞受賞作、かつ理系の女性作家の作品ということで期待して読み進める。結果、SFというよりは、世にも奇妙な物語系ではあったが、愉しめる作品集に仕上がっている。

表題作は『 パラサイト・イヴ 』を想起させる内容。同書を楽しめなかった当方としては、同じような感想を抱かざるを得なかったのは正直なところ。以降の諸作品は、SFというよりはむしろ、研究室に詰める人間たちを描く青春小説という内容だ。

だからつまらないということではない、とは言っておきたい。論文の執筆代行屋であるミクラの人物造型であるとか、最終話の「へむ」におけるボーイ・ミーツ・ガールの物語など、小説としての愉しさは横溢している。お奨めして問題ない作品集ではあるが、やっぱりSFではないと当方は思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。