So-net無料ブログ作成
検索選択

石持浅海:『人面屋敷の惨劇』(講談社) [book]

人面屋敷の惨劇 (講談社ノベルス)

人面屋敷の惨劇 (講談社ノベルス)


内容(「BOOKデータベースより)
東京都西部で起きた連続幼児失踪事件。我が子を失った美菜子はじめ6人の被害者家族は、積年の悲嘆の果てに、かつて犯人と目された投資家、土佐が暮らす通称「人面屋敷」へと乗り込む。屋敷の中で「人面」の忌まわしき真相を知った親たちの激情は、抑えがたい殺意へと変容。さらに謎の美少女が突然現れたことで、誰もが予想すらしなかった悲劇をも招き寄せていく。論理(ロジック)×狂気(マッドネス)。気鋭のミステリー2011年進化型。

いやはや、えれえもん読んぢまったというのが読後の第一印象。従来の著者の持ち味に講談社の新本格テイストを加えたような感じ。いや、新本格ってほとんど読んだことがないのだけどね。

これまでの著者の作品のクローズドサークルものは、虚実皮膜のかろうじて「こちら側」にとどまっていたような気がするが、本書では向こう側に突き抜けてしまったようだ。いや、向こう側がどっちだかよくわからないのだが。

もちろん、従来からの(当方を含めた)著者のファンは止められたって読むのだろうが、初めてで耐性のない人が読んだら「なんじゃこりゃ!」と怒るかもしれない。そのくらいの摩訶不思議感がある作品。くれぐれもお取り扱いには注意を。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。