So-net無料ブログ作成

矢作俊彦,司城志朗:『百発百中』(角川書店) [book]

百発百中  狼は走れ豚は食え、人は昼から夢を見ろ

百発百中 狼は走れ豚は食え、人は昼から夢を見ろ

  • 作者: 司城 志朗
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/09/25
  • メディア: 単行本

内容(「BOOK」データベースより)
八ヶ岳の南東に広がる高原を縦断する単線鉄道のマイアミ駅―もともとは舞網と書いていたこの駅のあたり、バブルの頃に街ぐるみで観光地としての開発を進めたが、いまでは面影もなくゴーストタウンの如くといった様。橘秀次郎と大槻政太郎の二人が、友人の遺言のために訪れようとしている、ネクストワールドと名付けられたゴルフ場と温泉付きの老人ホームもいまや経営者が逃げ銀行管理になってしまっていた。遺品を渡したらとっととその場を去るつもりだった二人は行きがかり上しばらくホームを手伝うことになるが、見えてきたのはレジャー開発企業の土地再開発の計画だった…。

あれ、出版されたのはほぼ一年前なんだね。ぜんぜん意識していなかった。いつごろから部屋の本の山の中に埋もれていたのかは定かではないが、何気なく読み始めたらしっかりとした面白さで読みきってしまった。

鹿爪らしくなりがちな題材でありながら愉しく読み進められたのは、コメディタッチといえる雰囲気ゆえだ。特に主人公二人である秀と政のやり取りがしゃれている。前半部分は、その二人が"中国"に行く羽目になった技術を、ホームの老人たちに伝授するというもの。

後半以降が本書のメインストーリーとなるのだが、委細を記述するとネタバレになるので割愛。細かいところでは、「そこは、うまくいきすぎなんじゃない?」という都合のよさは見受けられるのだが、そこが気にならない展開の妙がある。

いわゆる強奪小説に義賊モノのスパイスを振りかけた作品といえる。主人公たちに感情移入できるか否かが評価の分かれるところだろうが、当方は素直に愉しめた。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。