So-net無料ブログ作成
検索選択

Xbox 360 4GBがやってきた [game]

IMGP4407.jpg

ゲーム機は、PS2(正確にはPSX)とPSP、そしてDSを所有しているがハマったことがない。いずれも買って少し遊んだきりでほとんど放りっぱなし。じゃあ、なんで本機を買ったのかと訊かれれば、やりたいゲームがあったから。

調べてみると、XBOX 360には250GBのHDD内蔵タイプと4GBのメモリタイプがあるようだ。どちらを購入するか迷ったが、ライトユーザーだから28,000円前後のHDDタイプより、20,000円を切りイニシャルコストが低廉な4GBメモリタイプを注文。もし万が一ハマったら、少し高いけどHDDを買い足せばいいのだ。

あ、もちろんHDDの代替として16GBのUSBメモリ(正確には16GBのSDメモリ)を別途購入し、先般宮古市で買った100円のSDメモリリーダを利用。これなら、すぐに飽きてもSDカードは流用できるしね。それでは、例によって開封の儀。

IMGP4389.jpg◆意外に箱が小さい。タバコの箱と比べてください
IMGP4392.jpg ◆箱を開けるとセットアップガイドが
IMGP4397.jpg◆同梱は本体・説明書・ACアダプタとビデオ端子接続ケーブルなど


驚いたのは筐体が思ったよりかなりコンパクトなこと。Mini-ITXケースくらいの大きさといえばわかりやすいか(わかりにくい)。一方で、巨大なACアダプタにも驚愕。本体のコンパクトさとミスマッチだ。

4GBメモリ版の特徴として、HDD版の筐体がピアノブラック塗装であるのに対しマットブラックであること。これはいい。当方の所有する機器はブラック塗装のものが多く部屋に映えるのだ……すまなかった、部屋は汚い…orz 閑話休題。筐体自体は、あちこちに排熱スリットがあり埃の侵入が心配。確かに、使っているとすごい熱だ。夏場にはどうなってしまうんだろう。

コントローラはワイヤレスで、使用した感触では握りやすいし重さもちょうど良い感じ。PCと互換性のあるコントローラもあるみたいだから、いずれ配偶者用に購入しよう。

起動すると、インタフェースはわかりやすいと感じた。いろいろいじくっているうちにアップデートされて少しUIが変更されてしまったのには笑ったが。なんだかオンデマンドで映画を視聴できたりするみたいだから、MSの長期的なメディア戦略の核になってくるセットトップボックスの意味合いもあるのかもしれない。

ちょっと調べてみたら、CPUはIBMのPowerPC系だからX86アーキテクチャじゃないのだな。そういえばPowerPC系はゲーム開発がやりやすいと聞いたことがある。WiiもPS3のCPUもPowerPC系だし。そして、3.2GHz駆動のこのCPU、トリプルコアに(PC風に言えば)ハイパースレッドで計6スレッドとのこと。ATIのGPU統合型とのことだから、当方の所有するPCのCPUではもっとも高性能なのかもしれない(PowerPC系と単純比較はできないけど)。

さて、ゲーム機本体を買ってもソフトがなければタダの箱。寝不足を覚悟でやりたかったゲームをプレイすることにしよう。



タグ:Xbox 360
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。