So-net無料ブログ作成
検索選択

マイクロソフト:Wireless Entertainment Desktop 7000(69Z-00012)がやってきた [gadget]

s-R0013677.jpg

ソフトウェア・メーカーとしてのマイクロソフトには愛憎半ばというところはあるが、ハードウェア・メーカーとしては好きな部類に入る。今は生産中止になってしまったトラックボールはいまだに愛用しているし。というか、また製造を再開してください、お願いします、マイクロソフトのなかの人。

さて、同社のポインティングデバイスはトラックボールとマウスをそれぞれ二種類所有しているが、キーボードを購入したのは今回が初めて。そしていまこの仮住まいにはデスクトップのPCが二台、今回の購入でキーボードが五つあるという不可思議な状況になってしまった。

なぜそんな状況に至ったのかといえば、本機がセールで安かったから。以前から購入したいとは思っていたが、なにしろ発売当初は20,000円近くしていた。それが6,000円程度の特価だったから、迷わずポチッとしたのだった。それでは、まず各部の写真など。

s-R0013686.jpgs-R0013680.jpg
■最大の特徴と言っていいのが本機右上にあるポインティングデバイス。ノートPCのタッチパッドと同じ機能を持つとともに、スイッチの切替でカーソルキーともなる ■左側方にはメディアセンター等に使う再生キーやチャンネルキー
s-R0013679.jpgs-R0013683.jpg
■アンドゥキーとメディアセンター起動キー
■本機で不評なのは、Windowsキーがキーボード中央下部のど真ん中にあること。当方は使わないので関係ないが
s-R0013681.jpgs-R0013685.jpg
■Escキーなどが静電式(?)■Bluetooth接続。ドングルが付属している。写真を取り忘れたが、裏面に電源のON/OFFスイッチがあり、乾電池の消耗を防ぐことができる。単三乾電池四本使用
  

製品のコンセプトは、事務関連で使うのではなく、ゆったりとソファにでもくつろぎながらリビングルームPCを操作する、ってなものか。製品名通り、エンタテインメント用なのだ。

それならばと、わが仮住まいのリビングルームPCであるUbuntuマシンに使えるかどうかさっそく実験したところ、ドングルをUSBポートにぶっ刺したらあっけなく作動。Windowsキーやガジェットキーはむろん無反応だったが、タッチパッドや音量キーの動作は問題ない。キータッチ自体も悪くはなく、うん、いい買い物をしたな。

ちなみにマウスが付属しているが、使用するつもりはなく死蔵することになりそう…orz


Microsoft Wireless Entertainment Desktop 7000 69Z-00012

Microsoft Wireless Entertainment Desktop 7000 69Z-00012

  • 出版社/メーカー: マイクロソフト
  • メディア: Personal Computers

タグ:キーボード
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。