So-net無料ブログ作成
検索選択

乳頭温泉に行ってきた [travel]

s-R0013315.jpg

"乳頭温泉"などと書くと柄にもなく照れてしまう。いや、ほんと。なぜ乳頭温泉なのかは、これを書いている時点では調べていない。まあ、どうでもいいか。

それにしてもプリウスである。レンタカーで借りると禁煙オンリーなのでこれまで避けてきたが、いやはやこれほどおもしろい乗り物だと知っていたらもっと早く選択すべきだった。

s-R0013313.jpg

ニッ○ンレ○タカーから引き渡されるとき、「プリウスは初めてですか?」と訊かれた。というほど、操作系がフツーのクルマと違う。まず、パーキングポジションがセレクタ(シフトレバー)の右上にあるスイッチ。セレクタ自体もスイッチの感覚に近い。

走り出すと、噂通りの静音性。ハンドルにあるディスプレイ表示スイッチをいじると、今どのような駆動系で走っているかがわかる。当方はずっとエコモードで走っていたのだが、走り出す時点では内燃エンジンはかかっていない模様。大雑把に言うと時速70キロくらいから内燃エンジンが駆動する。

めいっぱいアクセルを踏むとエンジンとモーターが駆動、そこそこの速度だとエンジンが駆動し、モーターが電気を生成・電池に充電、低速で走るとモーターのみで駆動。言葉にするとわかりにくいけど。行きは上り坂をエンジンとモーターでうんこらしょと上っていたのが、帰りの下り坂ではエンジンは停止しモータが電気を発生させ充電。つまり位置エネルギーが電力に変換されるということだ。満タンに充電されると訳もなくうれしくなってしまう。

市街地をトロトロ走っているときはエンジンはまったく動かず、まさに電気自動車。まさか、これほど日常的な感覚で電気自動車に乗ることになろうとは。いつのまにか未来に生きていたという驚きだ。燃費もリッター25キロを走り、現段階では満足して良いと思う。万が一、自動車を買わなければならない事態に陥ったときにはプリウスを買うしかないな。

あれれ。クルマのインプレするようなblogではなかった。

s-R0013316.jpg■たまにはソフトクリームではなくアメリカンドッグの写真など
s-R0013318.jpg■着くと、とりあえず休暇村で食料を摂取。稲庭うどん天ぷら付きを食す
s-R0013317.jpg■呑めないのでキリンのフリーをごくごくと
s-R0013321.jpg■まずは蟹場(がにばと読むのだよ)温泉に。実はあまりのお湯の熱さに腰までしかつかれなかった
s-R0013320.jpg■学校の校舎のような蟹場温泉全景
s-R0013325.jpg■もう一度休暇村で温泉に
s-R0013322.jpg■風呂上がりにはキリン・フリーをもう一杯
s-R0013324.jpg■文庫本を持って行き読書
s-R0013326.jpg■展望台から遠くにみえる田沢湖
  

実を言うと、温泉よりプリウスの運転が愉しかったドライブ。次回はHONDAのインサイトを借りてみます。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。