So-net無料ブログ作成
検索選択

『放送禁止 劇場版 ~ニッポンの大家族 Saiko! The Large family 』 [dvd]


内容(「Oricon」データベースより)
実際にあった事件を織り込んだ衝撃的な内容や、ドキュメンタリーと錯覚させる仕掛けが話題となったフェイク・ドキュメンタリーシリーズ「放送禁止」の劇場版第2弾。世界各国の家族問題をテーマにしたドキュメンタリーを数多く手掛けるカナダの女性作家ベロニカ・アディソンが、日本のある大家族にスポットを当て異様な光景を映し出す…


劇場版の第二弾は、ベロニカ・アディソンという女性の映像ドキュメンタリ監督が日本の大家族を取材するという構成。本編の始まりの前にはご丁寧に彼女のプロダクション(?)のロゴがオープニングに使用されているが、もちろんフェイク。まずは、この入れ子構造が本作の方向性を示唆している。

そして前提として、本作での隠された意図を理解するにはTVシリーズの『 放送禁止2 ある呪われた大家族 』の視聴を済ませておくことが必須。でなきゃ、意味がわからないと思います。

思ったのは、劇場の大画面で本作を観ていたとしたら、さまざまに仕掛けられている小技を見抜けていたかどうか、ということ。24インチとはいえ、映画館のスクリーンに比べれば小さい液晶ディスプレイで鑑賞していたから見抜けた部分も多いはず。

おかげで消化不良にはならなくて済んだが、わかりやすければ逆に文句を言われてしまう題材であるから、そのあたりのさじ加減の調節にスタッフは苦労したものと推測される。

シリーズのファンの方は鑑賞して損はない。興味のある向きで未見の方はTVシリーズの一巻目から順番に視聴・鑑賞されることを強く奨めておこう。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。