So-net無料ブログ作成
検索選択

歌野晶午:『密室殺人ゲーム王手飛車取り』(講談社) [book]

密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社文庫)

密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社文庫)


内容(「BOOKデータベースより)
“頭狂人”“044APD”“aXe(アクス)”“ザンギャ君”“伴道全教授”。奇妙なニックネームの5人が、ネット上で殺人推理ゲームの出題をしあう。ただし、ここで語られる殺人はすべて、出題者の手で実行ずみの現実に起きた殺人なのである…。リアル殺人ゲームの行き着く先は!?歌野本格の粋を心して堪能せよ。



著者の作品は『 長い家の殺人 』を購入し読んだような気がしているのだが記憶が定かでない。本書も『 密室殺人ゲーム2.0 』を先に買ってしまい、それが続編と気づいたので慌てて購入したもの。

タイトルや梗概からも推測できるように、本格ミステリの約束事を逆手に取ったミステリだ。なにしろ、最初から犯人は分かっているのだし、それを推理するのが同じく殺人者たちなのだというのが変わっている。

だから、Who done itの興味よりHow done itのそれに軸足をおかれているのは当然としても、そこには(あまり読んでいないのでおそらくと言っておこう)著者ならではのたくらみで白黒が逆転するようなラストになだれ込んでいく。

ネットの時代ならではの作品であるし、変種の安楽椅子探偵ものともいえる怪体な作品。まじめな向きにはあまりお奨めできない、すれっからしの読者向けといえる作品だろう。


トラックバック(0) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。