So-net無料ブログ作成
検索選択

香納諒一:『血の冠』(祥伝社) [book]

血の冠

血の冠

昔、秋田県に出張したとき当然のことながら地元の方と話す機会があった。若い世代はそうでもなかったが、ある程度の年齢を重ねた方は相当にお国言葉のイントネーションが強く、なにを言っているのかさっぱりわからないことがあった。よく聞くのは、東北地方の発音は寒いのでなるべく口を開かずに話すようにしているからあのようになる、というものだが、ほんとにそうなのだろうか。確かに寒いのは間違いないが。


[BOOKデータベースより]
警察OBの越沼が殺された。頭蓋骨が切断され、脳味噌に王冠のように釘を植えつけられて。それはかつて「キング」と呼ばれる殺人者が繰り返した、二十六年前の忌まわしい迷宮入り事件の手口と同じだった―。弘前中央署会計課係長の小松一郎は、幻馴染みの警視庁警視正・風間によって、捜査の最前線に立たされる。少年時代二人はキングの被害者だったのだ。地元有力者を密かに容疑者と目する風間たち。だが、その追跡も空しく、猟奇殺人はさらに続く。そして、解決の鍵となる捜査資料が紛失した。署内に事件と関わりのある者がいるのか? 北の街を舞台に心の疵と正義の裏に澱む汚濁を描く警察小説


本書でもっとも特徴的なのは登場人物たちの会話が弘前訛りであること。読んでいてもわかりにくいのだから聞いたってわかるはずがない、というくらいのものだ。弘前周辺でこの本が売れているかどうか気になるところだ。

閑話休題。あらすじを読むと異色の警察小説といった趣だが、地方都市の因習や人間関係など、首都圏の都市を舞台にしたそれとは印象が異なる。特に中盤以降は警察小説というよりサイコサスペンスの趣きとなってくる。しかもどろどろした土着的・日本的な物語だ。スカッとする警察小説をお求めの方には少しばかりお奨めできないかも。

とはいえ、著者の作品ゆえにおもしろさのツボは外していないし、人間も描けており当方には損はなかった。気になる方は手にとってみては如何。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。